元気堂ブログ

2021.12.18更新

 

 暦はすでに12月下旬です。年末に向けて何かと忙しい時期ですね。
さて、ちょっと気が早いですが、今回はお正月の話題です。
先日、近所のドラッグストアで購入した「屠蘇散(とそさん)」。
漢方薬みたいな名前ですが、その通り、漢方薬の一種です。

屠蘇散パッケージ 

毎年購入してますが、ドラッグストアのレジ近くに陳列されることが多く、価格は店舗によって100円~200円くらいです。
お察しかと思いますが、これが元日に飲む「おとそ」です。
パッケージ裏の画像。メーカーにより若干の違いはありますが生薬(しょうやく)が入っています。
この商品の処方は、桂皮(ケイヒ)、山椒(サンショウ)、陳皮(チンピ)、桔梗(キキョウ)、大茴香(ダイウイキョウ)、丁字(チョウジ)、浜防風(ハマボウフウ)です。
名前だけ見てもチンプンカンプンですよね。

 パッケージ裏側


ざっくり言うとこれらは胃腸の機能改善を中心に水分代謝の補助によるむくみの改善、血行促進などの効果がある生薬たちです。
お正月のおせち料理やお雑煮、お酒で疲れる胃腸のフォローの意味があるそうです。
この屠蘇散を大みそかの夜にお酒に溶かし、お好みによって砂糖やみりんを混ぜます(作り方は各商品のパッケージに書いてあります。簡単ですよ)。
もともと名前の由来は、病気の原因とされる邪気を「屠」り生気が「蘇」るという説や、「蘇」という鬼を「屠」る、という説があります。
いずれにしても、人々の健康に寄与する願いが込められた処方ですね。
若いころに漢方の先生から「縁起物だから」と年末にいただいた思い出もあり、ゲン担ぎの意味もあるようです。
みなさんも、お屠蘇で体をフォローしながら、お正月を過ごすのも良いかもしれません。

 

投稿者: 元気堂

TEL:03-5245-8989 東京都江東区門前仲町1-7-11ワイアンドアイビル4F・5F 問い合わせ専用メール genkido8989@ybb.ne.jp 地下鉄東西線・大江戸線「門前仲町」駅3番出口1分
top_inq_sp.png

新着情報

一覧へ >
2022/08/04NEW
夏休み8月13日(土)から16日(火)休業です。
2022/07/24NEW
中心の把握  TK
2022/07/20NEW
ドクダミについて     シンザンモノ
元気堂ブログ 患者さんの声
メディア掲載情報 スタッフ募集 よくある質問
英語ページはコチラ 中国語ページはコチラ