元気堂ブログ

2021.10.19更新

頭蓋骨はいくつものパーツで構成されていて、呼吸のリズムに合わせて、ふくらみ、元に戻るを繰り返しています。

この頭蓋骨のパーツが歪むと様々な症状を引き起こすことがあります。後頭部の骨は背骨とつながっているので、頚の痛み、頭痛や精神的疾患、腰痛など身体全体に影響します。
原因も色々あり、顎関節症からきたりもしますが、子供の頃に転倒などで頭を強打した衝撃で歪み、大人になってから身体に支障が出ることもあります。
おでこを強打すると、通称:バナナヘッドといわれる、顔を正面から見た時にバナナのように歪む状態になります。
このような場合は、頭蓋骨を調整する必要があり、徒手療法で調整出来ます。調整の仕方は、凄くソフトで行い、バキバキと行う事は無く、5g位の圧力で優しく動かすテクニックです。                                                   

投稿者: 元気堂

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:03-5245-8989 東京都江東区門前仲町1-7-11ワイアンドアイビル4F・5F 問い合わせ専用メール genkido8989@ybb.ne.jp 地下鉄東西線・大江戸線「門前仲町」駅3番出口1分
top_inq_sp.png